Web Design

ホームページ制作の仕様と品質

弊社では、お客様からホームページ制作をご依頼頂いた場合、通常はHTML + CSSでホームページを構築していきます。また、デザインに拠りますが、できる限りテキスト中心のホームページを制作するようにしています。

それは、お客様のホームページの内容を検索エンジンに正しくインデックスしてもらい、ホームページでアピールしている商品・サービスを内容に即したキーワードで、検索結果に表示される事を目的としているからです。そうすることにより、生きたホームページを持って頂き、ホームページが営業ツールである事を実感して頂くことができます。

実際、弊社ではweb広告などを出したり、雑誌媒体に広告を載せたりしての販促は全く行っておりません。しかし、弊社ホームページでは、定期的にホームページ制作のご依頼を頂戴したり、リニューアルのご相談を頂いたりしております。
これは決して稀な事例ではありません。ホームページを見ている方へ、何をどのように伝えたいかを文章とデザインでしっかりと表現してあげれば、必ず生きたホームページとしてご活用頂けると思います。

ホームページのスペック

お客様からはよくわからない部分であるホームページの構築部分を弊社では特に重要視しております。HTML + CSSで制作されているが、画像中心に作り込まれてあったり、更新で情報を追加していく際に、そのページ自体を作り替えなければならない状況であったりといった不具合は、その場面にならないとよくわからないものです。

先々まで見通して、活きたホームページを制作し、ホームページを営業ツールとしてご活用頂くためのスペックをふくめた制作を行っております。

クオリティと品質

  • ユーザビリティ(訪問者の使い易さ・わかり易さ)と、貴社イメージとを融合させたデザイン
  • 更新・コンテンツ追加時のことを配慮した設計
  • htmlとcssで制作(検索エンジン対策を考慮)
  • W3C(ウェブ標準)に準拠(インターネット上での正しい表示・表記に準拠)

ブラウザでの表示

HTML + CSSで制作されているにもかかわらず、Windows Internet Explorer以外では、大きく崩れているホームページを見かけます。インターネットユーザのほとんどがWindows Internet Explorerを利用してホームページを閲覧しているという理由で、それ以外のブラウザ(Chrome、Firefoxなど)やMacでの環境を無視しているように思われます。これは、ホームページを制作する会社の言い訳であり、お客様はできる限り多くの潜在顧客へ自社商品・サービスをアピールしたいと考えているはずです。

環境やブラウザの種類に拠って、正しく表示されないホームページはそれだけで営業チャンスをロスしているのではないでしょうか?
弊社では、ユーザの環境やブラウザの種類が違っても、正しく表示されるホームページを制作しています。

動作及び表示確認ブラウザ

  • Windows Internet Explorer
  • Windows Chrome
  • Windows Firefox
  • Mac Safari
  • iPhone Safari(スマートフォン対応サイトの場合)
  • Android Chrome(スマートフォン対応サイトの場合)

※いずれも最新版。 ※Internet Explorer 7などの旧版ブラウザへの対応をご希望の場合はご相談下さい。 ※一部ブラウザの機能として、認識しないScript等は除きます。

まずは、お見積り前のご相談 / info@ryu-raku.co.jp

ホームページに関すること等はお気軽にお問合せ下さい

東京・大阪を中心に全国のお客様に対応しております。
弊社から遠方にあたるお客様とは、Mail、TELにてやり取りさせて頂いておりますが、必要に応じ遠方であってもご訪問させて頂いています。

お問い合わせフォームへ

page top