FAQ

Internet Explorerでページの表示が崩れませんか?

弊社で制作するホームページは、Windows・Macといった環境の違いやブラウザの違いがあっても、正しく表示されるようにHTMLコーディングを行っています。

現在は、パソコンよりもスマートフォンでアクセスされる方が増えていっている業種もあり、MacやWindowsで使用されるブラウザ以外にスマートフォンで使用されるブラウザへの対応も必要になってきています。パソコンのブラウザのみに対応していた一昔前と比べると使用されるブラウザもかなり多くになってきています。
PCで使われるInternet Explorer、Chrome、Firefox、Safari、Edge、Opera、Lunascape、スマホで使われているSafari、Chrome、Firefox、Android Browserなど種類だけでも10を超える種類があり、さらにブラウザのバージョンを含めて考えると、その数はブラウザの種類の何倍も増えてしまいます。

Web標準に準拠するように設計されているほとんどのモダンブラウザ(Chrome、Firefox、Safari等)は、W3Cの勧告に基づき正しくHTMLとCSSを記述することでほとんど表示崩れが起こることなく、webページが表示されます。しかし、Internet Explorerにおいては、古いバージョンだけではなく新しいバージョンであっても、独特なHTMLとCSSの解釈を行うことから、ページが崩れて表示されてしまうことが多く起こります。また、反対にInternet Explorerで表示崩れが起こらないようにHTMLとCSSを構築した場合は、その独特な解釈をHTMLとCSSに適用することから、多くのモダンブラウザで表示崩れが発生してしまいます。

こういった複雑に入り混じっている状況の中でも、W3Cが勧告するweb標準に準拠させながら、どのブラウザでもページの表示崩れが起こることないホームページ制作を行っています。(関連FAQ:W3Cに準拠したホームページを作りたい

少々表示が崩れていても、文章が読めればそれで良い!と思われる方もいるかもしれませんが、崩れて表示されていることで、あなたのホームページに対して、ユーザーが不信感を抱いたり、不安なイメージを持ってしまい、ページから検索結果ページに戻ってしまうということが起こります。そして、検索結果ページに戻ったユーザーは、あなたのホームページにネガティブなイメージを抱いたまま、競合他社のホームページへ移動していく。こんな流れがあなたの知らないところで起こってしまいます。これは間違いなく営業チャンスの機会損出でり、さらには自社サイトでの自虐キャンペーンともなってしまいます。
ホームページは365日24時間ずーっとあなたの商品やサービスをPRしてくれるはずですが、崩れて表示されていることでPRするはずのホームページから、あなたのホームページにネガティブなイメージを抱かせて、競合他社へ誘導してしまうマイナスの行為を発生させ続ける場所になっているかもしれません。
たかが表示崩れかもしれませんが、ユーザーが不安を抱くきっかけはほんのちょっとのことが原因である場合が多く、インターネットにおいては表示崩れもそのひとつと言えるでしょう。

ネットユーザーは、老若男女・年齢も様々で、ブラウザに関しても最新のブラウザを利用しているユーザーばかりではありません。また、ブラウザに独自の設定(文字を大きくしたり、Javascriptを切っていたり等)を行っている人も少なからずいらっしゃいます。
多種多様な環境でインターネットを利用しているユーザーがいて、さらにPC・スマホによってブラウザの種類もどんどん増えていっていますが、ユーザーが不安になることなく快適にインターネットができるように、そして、あなたの会社やサービス内容が正しくユーザーにイメージされて理解されるように、様々な環境、ブラウザであっても表示が崩れることなく、web標準に準拠したページを構築するように日々作業しています。

ホームページ制作の仕様と品質
ホームページ制作実績
webコンサルティング
ご相談・お問合せ

よくあるご質問トップへ

ホームページ制作についてのよくあるご質問

ホームページに関すること等はお気軽にお問合せ下さい

東京・大阪を中心に全国のお客様に対応しております。
弊社から遠方にあたるお客様とは、Mail、TELにてやり取りさせて頂いておりますが、必要に応じ遠方であってもご訪問させて頂いています。

お問い合わせフォームへ

page top