BLOG

3dsMAX2012 Quicksilverハードウエアレンダラーサンプル

3dsMAX2012では、これまでのmental rayレンダラーに加え、i ray、Quicksilverハードウエアレンダラーの2つが追加されました。このうち、i rayはいまひとつ使いどころが判らないのですが、Quicksilverレンダラーは、面白いビジュアルスタイル(エフェクト)が用意されていてあれこれ楽しめそうです。そこで、例によって全ビジュアルスタイルを網羅したサンプルCGを造りました。

サンプル用モデルはお寺モデル。下のモデルはmental rayでレンダリングしたもので、Quicksilverとはテクスチャは共同ですが、照明設定は違います。

mental rayレンダリングサンプル
mental rayレンダリングサンプル

Continue reading “3dsMAX2012 Quicksilverハードウエアレンダラーサンプル”

3DCGサンプルを追加。VRay習作

以前3dsMAXのmental rayレンダラーを使い始めた時に習作として作った集合住宅3DCGを今回VRayを導入したのでリニューアル・レンダリングしてみました。

集合住宅3DCG(VRay版)
集合住宅3DCG(VRay版)

さすがは建築系シェアNo.1レンダラーと言ったところでしょうか。
もっとも、前回の>mental ray版は、まったく初めてmental rayを使うということもあって、テクスチャはガラスを除きほぼ全てノーマルのマテリアルを使用したので、今詰め直せば、もっと差は無くなると思います。VRayは、以前取引会社で触らせてもらいましたからね。

しかし、レンダリングには本当に時間がかかる。特にグローバル・イルミネーションを使用すると。mental rayはPCをCore2マシンにしてようやく使う気になりましたが、VRayはi7マシンがなければ使い物にならなかったですね。
ライセンスが1コしかないのでディストリビュート・レンダリングか、ネットワークレンダリングをやりたいんですが、メインPCからサーバーPCが見えません。。。時間のあるうちに設定をモノにしておきたいのですが。

テクスチャのスタンプ化回避術

私などは会社に入ってからほぼ独学でMAXを学んだものですから、専門学校等でソフトの使い方を系統立てて学んでこなかったために、MAXの基本的な機能や使い方を知らず、後になって「今までの苦労はなんだったのっ」ってなることが良くあります。今回はそんなテクスチャの使い方について。

石畳やタイル、レンガなど、小さなテクスチャを広面積にたくさん貼り付けた場合、困るのがテクスチャのパターンが模様に見えてしまうスタンプ化。自作テクスチャを使う場合、均等に見えるテクスチャに色の濃淡があり、オブジェクトに貼り付けて初めてスタンプ化に気がつくなんてことも良くあります。
今回のスタンプ化回避術は、以前ゲーム会社に勤めていた取引先の方に教えてもらった方法で、「古典的な方法」だそうです。対象は、レンガやタイルなど、目地のあるテクスチャです。
Continue reading “テクスチャのスタンプ化回避術”

3dsMAX スナップ機能と軸コンストレイント

3dsMAXに関わらず、高機能な3DソフトやCADなどは使用者の環境や使用目的、癖に合わせてインターフェイスを変更することができます。このカスタマイズ機能、大変便利なのですが、何でもかんでも変更してしまうと、別の人のPCで作業したり、新バージョンのインストール時に再設定が大変になったりといろいろと問題があり、「ここは外せない」という最低限のカスタマイズに留めています。

Continue reading “3dsMAX スナップ機能と軸コンストレイント”

ご相談・お問合せ

ホームページに関すること等はお気軽にお問合せ下さい

東京・大阪を中心に全国のお客様に対応しております。
弊社から遠方にあたるお客様とは、Mail、TELにてやり取りさせて頂いておりますが、必要に応じ遠方であってもご訪問させて頂いています。

お問い合わせフォームへ

page top