BLOG

徳島ヴォルティス10月総括

我らが徳島ヴォルティスは10/24(土)、アウエイで栃木と対戦。0-0で引き分けました。
天皇杯は既に敗退していますのでorz、これで10月の対戦は全て終了。少し早いですが10月総括といきます。

徳島ヴォルティスのJ2リーグ戦の10月対戦成績は2勝2分1敗、上位陣との連戦という偏った日程を考えれば悪くない数字です。この間リーグ戦の失点はわずかに1、(天皇杯で1-3で大学生に負けましたが・・・)勝った試合はどちらも3得点で、引き分け・負けは無得点。点を得れば快勝、得れなければ引き分けで、取られれば負け、・・・という、粘り強いんだか弱いんだかよく解らない成績です。
ヴォルティスは総失点数が試合数を下回り、失点数ではリーグ単独3位!!、ベテラン・三木選手を中心とするDF陣の安定ぶりには目を見張るものがあります。一方、攻撃陣の評価は難しいですね。3点か0点かという極端な配分は、好意的にとらえれば先制した後、前に出てくる相手に対して速攻が上手く機能したとも言えますし、逆に膠着状態では上手く崩すことが出来なかったとも言えます。

10月終了時点での順位は目標の6位に到達していますが、7位札幌とは勝ち点差無し、8位水戸、9位東京Vとも勝ち点差2と大混戦模様。今後の対戦相手を考えると徳島が一番不利に思えます。次節は5位鳥栖と、ホーム最終戦は首位仙台との対戦が残っています。このうち鳥栖は前節までに昇格が絶望的になっており、次節の開始時間までに結果の出る湘南・甲府のいずれかが勝利すれば、数字上も今シーズンの昇格が無くなります。ホーム最終戦の仙台も、次節・次々節に連勝すれば徳島との対戦までに昇格が決定します。・・・両方とも気の抜けた状態で対戦できたらなぁ。などと、虫の良いことを考えていますw。
徳島に有利な数字もあります。試合間隔が開いて試合間隔の短い連戦での対戦成績が良くない徳島にはありがたいですし、得失点差も+21(あぁ、夢のような数字)6位争いチームの得失点差は+一桁かマイナスなので勝ち点さえ抜かれなければ6位は死守できる。

これは別に順位にこだわっているわけではないですよ、「目標」にこだわっているんです。3年連続最下位で長く「目標!?」なにそれおいしいの?状態でしたから、シーズンまえに掲げた「目標」に到達できることは、あきらめ慣れたサポーターにとってこの上ない喜びです。
いずれにせよ、泣いても笑っても今シーズン残り4節。来シーズン「昇格」を「目標」として口にしても恥ずかしく無いように。がんばれ!徳島ヴォルティス!!

ご相談・お問合せ

ホームページに関すること等はお気軽にお問合せ下さい

東京・大阪を中心に全国のお客様に対応しております。
弊社から遠方にあたるお客様とは、Mail、TELにてやり取りさせて頂いておりますが、必要に応じ遠方であってもご訪問させて頂いています。

お問い合わせフォームへ

page top