BLOG

コンサドーレ札幌戦 風よりも風邪が大敵!?

10/17(土)ポカリスエットpresents・鳴門市民デー、コンサドーレ札幌戦行ってきました。8位徳島、6位札幌。勝ち点2差の直接対決、札幌に勝てば順位が逆転する大一番を、3-0と完勝し、翌日水戸も敗れたため目標のAクラス6位に到達しました。

091017勝利のフランダース
091017勝利のフランダース


この日はこの時期としてもはや恒例となりました鳴門渦まつりがポカスタ正面広場で開催。ヒーローショーに、竹ちくわ体験コーナー、うずしお鍋の無料振舞い(会場への到着が遅れてありつけなかった。無念orz)などがあり、大いに賑わっていました。・・・みんな試合を観に入ってくれたら良かったのに。。。

さて、先発メンバーは、ここ数試合続けてきた1トップ気味の3トップから徳重選手が引いてU-20WC帰りのキム・ドンソプ選手が先発の2トップに変更。柿谷選手が左サイドに下がりました。中3日の次節10/21C大阪戦は、契約上柿谷選手は出られないのでベテラン徳重選手を温存したのかな?前半、ボール保持率はやや徳島かという程度の差でしたが、チャンス数は徳島がかなり多く、14分には6ゴールを上げた愛媛戦の1点目を彷彿とさせる柿谷選手の絶妙スルーパスに羽地選手が抜け出しキーパーと1対1に。34分には柿谷選手のサイド突破からキム・ドンソプ選手がゴールに背を向けたままヒールで狙い、42分には羽地選手が競ったハイボールを六車選手が落とし、倉貫選手がボレー。いずれも札幌GKに阻まれるものの、幾度となく札幌ゴールを脅かします。対する札幌は31分にサイドバックの選手が強烈なミドルを放ち、徳島GK上野がかろうじてはじき出すというシーンがあったものの、ペナルティエリア内でのシュートは無し。そして前半終了間際の44分、ついに試合が動きます。ペ・スンジン選手のアーリークロスにキム・ドンソプ選手が突っ込み札幌GKと交錯、キーパーチャージかと札幌の選手達が動きを止める中、羽地選手がこぼれ球を拾ってゴールに流し込み先制。が、キム・ドンソプ選手が起き上がらない。後でVTRを見てみると札幌GKにラリアートを食らうような形でもんどり打って倒れてた。痛そう。。。結局、キム・ドンソプ選手はこのまま交代、後半から久々に佐藤選手が2トップの一角に入ることになりました。このブログを書いている今現在公式発表はまだないが、たいした怪我でないことを祈ります。
なんというか、最近、徳島は相手がいやがる時間にゴールをあげることが多いような気がします。その絶妙なタイミングのゴールが相手の集中力を断ち切り、大量点につながっているのかも。この日もそうでした。前半終了間際もたいがいですが、さらに後半開始わずか1分、ロングスローからのピンボールを見るかのような相手ゴール前でのヘディングの応酬から、相手DFのクリアが小さくなったところを倉貫選手のボレー。札幌のやる気を奪ういきなりの追加点を決めます。そしてさらに63分、佐藤選手がヘッドで流したボールを羽地選手が相手DFに競り勝ち、ペナルティエリア前から豪快にズドン。この日2点目にして自身のJ2通算50ゴール目となるメモリアルゴールをスーパーゴールでたたき出した。
でも競り合いからシュートに行くまで、一切ゴールの方見てないのな。それが右隅にまるで漫画のようにきれいに決まるなんて。まぐれいやいや、シュートの意識を強く持っていた成果です。その後も、途中出場の石田選手や徳重選手などを中心に前からボールを追い回し、何度もチャンスを作るものの、これ以上は得点に至らず。
前からのプレスが機能したこの試合、札幌側も何度か良いボールを前線に供給したものの、徳島DFが上手く対処してシュートまでも持って行けず。結局、札幌のシュートは前半の1本だけ。シュート数17-1というDF陣にとってパーフェクトな試合運びでホーム3連勝を飾った。

愛媛戦に続きMVP獲得
愛媛戦に続きMVP獲得

写真はMVP賞を受ける羽地選手。副賞はポカリスエット1年分!!
四国ダービー愛媛戦の時もそうでしたが、賞品がかかっているときには活躍するなぁ。

この試合、メンバー発表の時にあれれ、キリノがいない。怪我?出停?ラッキー!!って思ってたら、発熱だったらしいですね。さらに札幌のレギュラー陣はA型インフルエンザに怪我に出停が重なってなんと6人も居なかったとか。ポカスタの名物海風が吹き荒れたこの試合、両チームのとも風を苦にしたようには見えませんでしたが、札幌の選手にとって風よりも風邪が大敵だったんですね。

目標の6位に立ったとはいえ、今後の対戦相手を考えると楽観できないというかこれでもかなり厳しいでしょう。徳島は上位チームとの試合を3試合も残しているのに比べ、札幌は1試合のみ。得失点差は+21と、「どこの強豪だ!?」と思うようなすごい点になっています(今まで一度も得失点差がプラスどころかマイナス一桁でもシーズンを終えたことがない)が、昇格争いしているチームはこの試合での札幌のようにあきらめてくれるはずもありません。徳島に有利な点があるとすれば、その上位チームとの対戦はいずれもホームであること。今シーズンの昇格は数字の上でも消滅しましたが、昇格争いをしている上位チームとのあきらめる事なき真剣勝負は、きっと来シーズンへの向けての糧となってくれるはず。勝とう。勝ってJ2の門番と呼ばせてやろうw。

着ぐるみ!?
着ぐるみ!?

時にこれは試合開始前の花束贈呈のシーン。
・・・大塚の若手社員さんかな。・・・たいへんやねぇ。

メモ 2009観戦記録
0307 vs東京V △0-0
0325 vsC大阪 ●1-2 (長居)
0419 vs福岡 ○2-1
0510 vs札幌 △3-3
0620 vs横浜C  ○2-0
0801 vs愛媛 ○6-0
0823 vs甲府 ●0-1
0920 vs熊本 ○6-0
1017 vs札幌 ○3-0
祝! 今シーズンの観戦勝ち越し決定!!

ご相談・お問合せ

ホームページに関すること等はお気軽にお問合せ下さい

東京・大阪を中心に全国のお客様に対応しております。
弊社から遠方にあたるお客様とは、Mail、TELにてやり取りさせて頂いておりますが、必要に応じ遠方であってもご訪問させて頂いています。

お問い合わせフォームへ

page top