BLOG

徳島ヴォルティス9月総括

我らが徳島ヴォルティスは9/26(土)、ホーム・ポカリスエットスタジアムに今年新加入のファジアーノ岡山を迎え対戦、先輩としての意地を見せ4-1と勝利し、2009年の対岡山戦を2勝1敗と勝ち越しました。実は新加入チームに勝ち越すのはこれが初めて。毎年後輩チームに踏みつけられていかれていただけに、この勝利にはほっとしています。

試合内容というと、点差ほどの差はなかった模様。前半に羽地選手のビューティフルヘッドで先制。後半には「狙い通り」のミドルシュートを連発、倉貫選手、六車選手、”ついに出た”青山選手の一撃で4点を取り、数的有利を作りながら中央を崩されて1点を失ったのは余計でしたが、「点差が開いてもあきらめずに泥臭くゴールを目指すからこそ、負けても負けても岡山は観客が入るんだ」との言葉にはなるほどと思ったり。9/23の岡山ホームにはボールくん・ヴォルタくんが営業に出かけた成果もあってか大勢の岡山サポーターが詰めかけ、ゴール裏は完全に岡山>徳島、J’s GOALのレポートでもホームジャック状態に苦言を呈されたほど。セレッソ大阪のJ1昇格が確実になる中、来年は最も近いアウェイとなる岡山とは、お互いなんとか盛り上げていきたいですな。
しかし、個人的にはこの試合、一番驚いたのは挽地選手のミドルが枠に飛んだところw。アオ(青山選手)のミドルとヒッキー(挽地選手)のミドルと言えばどちらも入らないミドルという意味ですが、青山選手のミドルは入りそうで入らない。挽地選手のミドルは入る気がしないという違いがありましたw。このうち青山選手はこの日ついにミドルを決めましたし、挽地選手もサイドバックというポジションではなかなかシュートチャンスも巡ってこないでしょうが、この調子でゴールを狙ってほしい。

さて、本題の9月総括ですが、9月の対戦成績は3勝2分1敗、数字だけ見ると悪くありません。8月後半の連敗を考えるとよく立て直したものだとも言えます。それでも、昇格ペースの2勝1敗にはわずかに及びませんし、対戦相手の顔ぶれを見ますと決して手放しでは喜べません。3連勝の10回目チャレンジも失敗しましたし・・・。10月は水戸・湘南・札幌・C大阪と、上位陣との連戦になります。特に順位ですぐ上の水戸・札幌からはしっかりと勝ち点を奪わねば、6位以内というチームの目標を達成することは困難になります。
とはいえ、最下位脱出が数字上でも確定。柿谷選手の調子が上がり、挽地選手・六車選手の覚醒(!?)と、良い話題もあります。10月は天皇杯もスタートしますし、10月4連天王山、恐れず、迷わず、チャレンジして行ってほしい。ここで踏ん張ることが、来年度のファンクラブ会員の入会数にも影響してくる・・・かもしれないし。

来年は2回戦制になりそうだし、岡山との対戦は要チェックやね。もうホームジャックはさせない!!・・・たぶん。

ご相談・お問合せ

ホームページに関すること等はお気軽にお問合せ下さい

東京・大阪を中心に全国のお客様に対応しております。
弊社から遠方にあたるお客様とは、Mail、TELにてやり取りさせて頂いておりますが、必要に応じ遠方であってもご訪問させて頂いています。

お問い合わせフォームへ

page top