BLOG

ロアッソ熊本戦、相性って。。。

去る9/20、実家に帰省がてら行ってきましたロアッソ熊本戦。前節、お世辞にも良い内容だったとは言えないものの、意地とプライドで5試合ぶりに勝利をあげた徳島。対するは順位は14位ながら、草津と鳥栖という徳島が苦手とする2チームに連勝して意気上がるロアッソ熊本。今シーズンは2戦2勝、いずれも3-0と快勝はしているものの、倉貫選手のどダフりループや、リスタートで隙をついたり、あるいはGKの目測あやまりがあったりと、幸運が味方しての得点が多かったので、今回は難しい試合になることを予想していました。

が、試合開始わずか1分、徳島のロングボールの処理を熊本GKが誤り(すべってころんだ)、棚ぼたでCKのチャンスを得ると、登尾選手が一度はポストに当てるものの、跳ね返りを落ち着いて蹴り込んでゴール。DFの登尾選手は今シーズンすべてセットプレーがらみでなんと5ゴール目。思わぬ形での先制点でした。さらに10分、麦田選手からのクロスからのこぼれ球を柿谷選手が体勢を崩しながらもボレーシュート。ジャストミートせず、地面に叩きつけられたボールは絶妙ループに。GKの伸ばした指先をかすめてゴールに吸い込まれた。何とも幸運な追加点。その後も徳島優位で試合は進み、前半はそのまま2-0で折り返す。
前半は危なげなかったものの、熊本といえば「DFはザルだが攻撃はツボにはまると怖い」という評価。修正をしてきて前後半ではがらりと展開が変わることはよくあることだし、2点差は怖い点差だぞと気合いを入れ直して臨んだ後半開始直後の48分、徳島にとってまたも幸運な、熊本にとって不運としか言いようのない形で追加点が生まれます。背後からの浮き球をを六車選手が足をいっぱいに伸ばして触れようとするも届かず、GKがキャッチ・・・したかと思いきやこれをファンブル。GKを避けようと体を反転させかけていた六車選手の尻がボールをゴールにはじいて3点目。唖然として目を見合わせる熊本GKとDFの様子がやけに印象に残っています。
出鼻をくじかれ、攻めるしかなくなった熊本にセーフティーリードを奪った徳島は当然のカウンター狙い。この後、徳島のシュート練習かと思われる位におもしろいようにチャンスが生まれます。外した決定機の半分でも決まっていれば点差は二桁になっていたでしょう。52分、抜け出した柿谷選手の放ったシュートを羽地選手がごっつぁん。柿谷選手のシュートはポスト直撃コースで見送っていてもゴールしてたかも。77分、ファビオ選手が競り合っていたボールを徳重選手がかっさらって抜けだし。5点目。84分には3on3状態から柿谷選手のパスを石田選手がズドン。8/1の愛媛FC戦に並ぶチーム最多得点タイの6ゴール。守っては決定機は1度しか与えず、ペナルティエリアにも数えるほどしか進入させないという完璧ぶりで無失点。2009シーズン通算12-0というトンデモ記録で対熊本最終ラウンドを終えました。

もうね。なんと言っていいのか・・・相性としか言いようがないですね。「うちとの試合しか本気をださないのか」と、鳥栖サポが文句をつけるのも頷けます。なぜかうちとの試合ではミスを連発。マークもずれまくりで覚えてられないほどの決定機をもらいました。試合後、パワーシティ鳴門で買い物中、馬サポと会話する機会があったのですが、「徳島には勝てる気がしない」と、おっしゃっとました。3年連続最下位の身としてはほめていただくと逆に居心地が悪くなるような感覚覚えましたが(笑)。ここ3年勝ち星を得られていない草津に大勝。鳥栖にも強い熊本がなぜなんでしょう。正直、「あれっ?あれっ?そんなはずは・・・!?」と思っているうちに試合が終わっていました。

さて、徳島側の寸評ですが、とにかく熊本の出来が悪すぎで、数え切れないほど決定機をつぶした(試合通じて9回ほど決定機があったようです)こともあり、手放しでは喜べません。が、この試合、柿谷選手の動きには目を見張るものがありました。1ゴール2アシストはもちろん、守備にも駆け戻り、何度もボールを奪うシーンを見ました。文句なくMOMでしょう。精彩を欠いた前数試合は聞けば足を痛めていたらしく、これほどの運動量を毎試合見せてくれたならどれほどのことができるか。ますます楽しみになってきました。さらに六車選手も良かった。去年までのイメージでは、パスセンスには光るものがあるものの、当たり/競り合いに弱く、守備にも加わらないという線の細い印象があったのですが、最近では打って変わってプレッシャーを受けながらも良いパスを前線に供給し、守備にも体を張っており、後半戦これまた楽しみが増えてきました。

次節はアウェイ福岡戦。10度目の正直。今度こそ3連勝を。

090920vsロアッソ熊本
090920vsロアッソ熊本

メモ 2009観戦記録
0307 vs東京V △0-0
0325 vsC大阪 ●1-2 (長居)
0419 vs福岡 ○2-1
0510 vs札幌 △3-3
0620 vs横浜C ○2-0
0801 vs愛媛 ○6-0
0823 vs甲府 ●0-1
0920 vs熊本 ○6-0

ご相談・お問合せ

ホームページに関すること等はお気軽にお問合せ下さい

東京・大阪を中心に全国のお客様に対応しております。
弊社から遠方にあたるお客様とは、Mail、TELにてやり取りさせて頂いておりますが、必要に応じ遠方であってもご訪問させて頂いています。

お問い合わせフォームへ

page top