BLOG

徳島ヴォルティス怒濤のゴールラッシュ、愛媛FCに6-0

行ってきました四国ダービー。前日の梅雨明け宣言はどこへやら、ゲリラな雨にひやひやしながらも徳島のJ最多観客13,473人、最多得点の6ゴール、藤田選手のJ2初ゴール・青山選手のJ初ゴールと記録ずくめの1日となりました。

青一色のホームゴール裏
青一色のホームゴール裏
愛媛からも多くのサポーターがつめかけたが・・・
愛媛からも多くのサポーターがつめかけたが・・・


この日の天候は、例によって晴れたり曇ったり大雨が降ったり小雨がぱらついたりとはっきりとしない空模様で、開門直前にはスコールのような雨に襲われて、それが影響してか観客動員は目標の1万8千には届きませんでした。(それでも新記録を達成したのは素直にすごい!!)私といえば幸か不幸か渋滞に巻き込まれて開門に間に合わず、高速道路の出口直前で大雨に遭いました。車はどこに止めようか迷いましたが、結局、大塚の駐車場ではなく文化会館の駐車場に止め、徒歩でポカスタに向かいました。(帰りはそれが幸い、渋滞に巻き込まれずすいすい帰れました)

それでもいつもの開門時間(キックオフ2時間前)よりも早くスタジアムには到着したのですが、さすがにさまざまなイベントを用意してあるだけにすでにポカスタ正面口前の広場は大賑わい。降雪機の前では子供たちがはしゃぎまわり、グルメ対決ブースには長い列が出来て、よさこい踊りや阿波踊りが華やかに色を添える。スタジアム内では前座試合として徳島VS愛媛のシニア対決やJリーグ U-13リーグ サザンクロスC(なんと公式戦)が行われてキックオフまでの長い時間を忘れさせてくれました。
私は選手のお出迎え&ラッピングバスを見ようと入場口前に。目つきの悪いw愛媛バスの到着からしばし待って、ようやくキター・・と、思ったらあれれ、ラッピングバスじゃない???でも声援を送る。あとで聞いたらラッピングバスはエアコン故障中らしく、往路は古バスにしたらしい。帰りはラッピングバスだったらしいが、雨をさけて駐車場に急いだ私は目撃できず・・・残念。

さて、試合の方は、序盤、ポゼッションする徳島と、高い位置からのプレスから、ボールを奪って速攻を狙う愛媛という展開。徳島はボールをキープするもののシュートには至れず、逆に愛媛は決定的とまではいえないものの速攻からシュートを放つ。差し引きほぼ互角か。
試合が動いたのは27分。柿谷選手の絶妙なスルーパスを羽地選手がきれいに決めて先制!教科書に例題として載りそうな絵に描いたような一撃でした。
しかし、試合はここから予想外の展開に。34分・41分に愛媛FCのDFが相次いで2枚目のイエローカードで退場に。判定自体は愛媛サポーターからも文句の出ない妥当なものでしたが、これにはびっくり。守備の頭数が2枚も減ればセットプレーはたまりません。前半終了間際にぺスンジン選手がCKをアウトサイドで流し込んで2-0。
往々にして相手に退場者が出た試合では逆に攻め込まれることがあります。人数が減っての戦術変更に対応が遅れたり、なにより数的優位を生かすために攻めるのか、守るのか、その意思統一ができていないためです。徳島にとって幸いなことは、退場者が前半に出たことで、ハーフタイムに意思統一が図れたこと。愛媛にとって不幸なことは、この日は大動員をかけた徳島のホームゲームだったこと。守りに入って試合を終わらせようとするはずもなく、ひたすら前へ前へ、後半は怒濤の攻撃にさらされることになりました。
後半開始わずか1分(46分)に藤田選手が右サイドから流れたセンタリング完全に1枚余った状態でたたき込み、その後すぐの48分には羽地選手が倉貫選手からの浮き球をドンピシャヘッドでキーパーの顔面へw。のけぞってはじいたボールを落ち着いて蹴り込み(羽地選手はこの2点目でMVPを獲得)、試合を決定付けると、63分にはCKから登尾選手がヘッドでねじ込み、80分にはファビオ選手からの技ありパスを青山選手が中央からワンタッチで流し込みました。その後も柿谷選手や途中出場の石田選手・麦田選手らがシュートの雨あられ。ゴールキーパーの好守や、ゴールバーに阻まれ、これ以上の追加点は上げられませんでしたが、シュート数で25-6という圧倒的大勝利でした。

愛媛FCの残った9選手は本当によくやったと思います。少ない人数で走り回り、果敢に速攻をしかけましたが、いかんせん頭数が・・・。セットプレーのチャンスでもペナルティエリア内に3人しかいない状態では。常に数的優位を保って落ち着いて守った徳島に決定機すら作れず。
点を取られても取られても声を出し続けた愛媛サポーターには敬意すら抱きます。試合終了後、肩を落として駐車場に向かう親子連れの愛媛サポを見ると。。。つい最近、国立で退場者を出して大敗した経験があるだけに、ねえ。
退場した愛媛の両CBはほんとどうしたんでしょうか。徳島の大観衆に平常でいられなかったんだとすれば、我々サポーターも勝利に貢献できたと喜んでいいかな。
しかし、今年の四国ダービーはあと1戦残っています。今度は愛媛のホームで。この屈辱的な大敗に、愛媛は逆に闘志を燃やしてくるはず。四国ダービー完全勝利にむけて、戦いは既に始まって・・・いるのかな。

とにかく、楽しい祭りはここで終わり。次なるチャレンジは8/5富山戦。こんどこそJ入り初の3連勝だ。

2009/8/1、四国ダービーウイナーズフラッグ授与。天然効果(手ぶれ)入りw
2009/8/1、四国ダービーウイナーズフラッグ授与。天然効果(手ぶれ)入りw

ご相談・お問合せ

ホームページに関すること等はお気軽にお問合せ下さい

東京・大阪を中心に全国のお客様に対応しております。
弊社から遠方にあたるお客様とは、Mail、TELにてやり取りさせて頂いておりますが、必要に応じ遠方であってもご訪問させて頂いています。

お問い合わせフォームへ

page top