BLOG

ヴォルティス6月総括

3月 2勝1分2敗 勝ち点7
4月 3勝2分1敗 勝ち点11
5月 1勝4分2敗 勝ち点7
6月 4勝1分1敗 勝ち点13
5月は「日程くん」を恨みたくなるような強豪との連戦があり、勝ち点が伸び悩みましたが、
6月は数字だけを見ると、絶好調と言っていい結果ではありました。

とはいえ課題は多く、退場&PK&DFのミスに助けられた鳥栖戦、決勝点がオウンゴールだった栃木戦、後半押し込まれた横浜FC戦、終始ゲームを支配された甲府戦、なによりゲームを支配しながら0-3で敗れた岐阜戦と、数字通りの内容ではありませんでしたね。もちろん、リードしているからこそ相手も前かがりになり、押し込まれる時間も増えるものですが、印象と結果がこうも違うとね。
甲府戦ではカウンターをとれましたが、リードしたときにカウンターで追加点、上手く時間を使うことなど、J1を狙えるチームになるためには、「上手く勝ちきる」スキルが必要になってくるかと。現状DF陣の体を張った踏ん張りと相手のミスに助けられて終了間際の失点を免れていますが、あまりにそういったシーンが多いと、DF陣のカードと何より怪我が心配になってきます。

ここ数年の順位表などを見いると、(今年は順位表をよく見ます。去年まではムカツクので見ませんでしたが。)昇格争いするチームは試合数×2前後の勝ち点を得ているようです。ちなみに試合数×1に満たないと最下位争いに巻き込まれます。
そうやって月別の勝ち点と見比べてみますと、「昇格ノルマ」に達した月は絶好調だった6月だけ。あれだけ勝って+1。5位とは言え10点も引き離されるわけだわ・・・。
こうしてみてみると昇格争いがいかに大変かがよくわかります。

さて、7月はと見てみますと、休日ホームゲームがない・・・。
現在調子が良いだけに、月に1度ホームゲームに”遠征”する、マンスリーサポーター(!?)の私にはなんともしょっぱい日程です。陸上スタジアムの宿命とは言え水戸戦の金曜開催がうらめしい。。。
と、言うわけで私の次の観戦は8/1、四国ダービーということになります。1万8千という観客動員目標を聞いたときは「無理やろ」と思いましたが、「J1の平均観客動員は1万9千、1万8千という数字はあるべき目標の数字」という社長の言葉に「よっ!男前!!」と声もかけたくなるわけですわ。
去年、勝てない日々の中ですっきり溜飲を下げた5-0の夢スコア。約1万2千の大観衆の中でとにかく全員がよく走った。あの再現を嫌が応にも期待してしまいます。
しかし、「あるべき目標」と言うからには運営上の問題も出ないようがんばってほしいところ。特に試合終了後の渋滞。大勝に気を良くしたはずのお客さんをうんざりさせてはリピーターにはなってくれません。
私は鳴戸北から大阪に帰るのであまり影響ないのですが、当日はせめて遠隔地の駐車場に止めようかな・・・。

メモ 2009観戦記録
0307 vs東京V △0-0
0325 vsC大阪 ●1-2 (長居)
0419 vs福岡 ○2-1
0510 vs札幌 △3-3
0620 vs横浜C ○2-0

ご相談・お問合せ

ホームページに関すること等はお気軽にお問合せ下さい

東京・大阪を中心に全国のお客様に対応しております。
弊社から遠方にあたるお客様とは、Mail、TELにてやり取りさせて頂いておりますが、必要に応じ遠方であってもご訪問させて頂いています。

お問い合わせフォームへ

page top