BLOG

首位です。

前節まで6試合5勝1分、絶好調の我らが徳島ヴォルティスは去る7/30(土)、ホーム・ポカリスエットスタジアムにカターレ富山を迎え、対戦。3-1と勝利して、通算成績11勝4分3敗の勝ち点37としました。
昇格争いを繰り広げている上位の他3チームが、ドローまたは敗れたため、2010年第4節以来1年4ヶ月ぶりにJ2リーグ戦首位に立ちました。
この試合は観戦しませんでしたので、試合レポートは書きませんが、「首位」という大ニュースがありましたのでつらつらと思うところを書いてみます。

前回首位に立ったのは2010シーズンの第4節。首位と言っても、開幕間もない時期には対戦運や勢いでたまたまトップに立つということは良くある話で、その後は昇格争いにほとんど絡むことなく、結局8位に終わっています。よって18試合、シーズン折返しのこの時期になって首位というのは重みが違います。
もちろん、”まだ”折返しの時期。まだまだ先は長く、勝ち点3差に4チームがひしめくこの状態では順位は関係ないでしょう。
しかしそれでも、だらしなく笑み崩れるのを止められない。J’s GOALで、Yahoo!スポーツで、スポーツナビで、サイドに小さく出ている順位表のトップに出ているのを見て、にやにやとしてしまう。
3年連続最下位。スタジアムで公開リンチ状態の試合から目を逸らし、遠くの山並みを眺めながら、「いつか、いくら弱くても応援し続けたんだ」と誇れる日がくるんだ・・・なんて、現実逃避していましたからね。

ま、私の感情は別にして、今後の展開を読み解くと。。。
18試合を戦ったとは言え、東日本大震災の影響で延期になった6試合の内、まだ1節しか消化出来ておらず、徳島は下位の鳥取・富山と既に2試合戦った一方、中位の北九州・札幌・熊本との対戦はまだありません。昇格争いを繰り広げているFC東京・千葉・栃木との対戦が10月以降に組まれている事からも、むしろ「この時期に勝ち点を稼いでおかないと話にならない」状態であるとも言えます。

勝ち点の目標値を私は勝手に試合数×2と設定しています。毎年、このラインを越えるのはせいぜい1チーム、今年のように4チームが昇格争いにしのぎを削った2009年シーズンのみ2チーム出ましたが、優勝チームでもこのラインに届かないシーズンも2つあり、昇格確実と言えるラインとして現実的なのではないでしょうか。
この目標値で計算しますと、最終勝ち点の目標値は76、現在18試合で37ですから、貯金は1。10月までにバンバン勝って、貯金をしておいてほしいところ。

次節の対戦相手は、現在4位で今節FC東京を破ったギラヴァンツ北九州。かつて徳島に在籍した大島選手、富士選手が所属しており、前年対戦では大島選手にハットトリックを決められたりと、徳島にとっても因縁深い相手です。
前年はシーズン通して1勝しかできず、最下位に沈んだ北九州ですが、今年は守備を整備し、ここまで9勝3分6敗の勝ち点30、にも関わらず得失点差は18得点19失点の-1と、なんというか、非常に効率の良い勝ち方をしてきています。
粘り強い守備から、最少得点で勝つというパターンですから、鍵はやはり先制点。それも、強固な守備ブロックをかわすため、長身選手の多い徳島はセットプレーがチャンスと見ます。

勝ち点は減りません。J1昇格には、目の前の試合に勝利して、コツコツと勝ち点を積み上げていくしかないのです。泥臭く、ひたむきに勝利を。がんばれ!ヴォルティス!!

ご相談・お問合せ

ホームページに関すること等はお気軽にお問合せ下さい

東京・大阪を中心に全国のお客様に対応しております。
弊社から遠方にあたるお客様とは、Mail、TELにてやり取りさせて頂いておりますが、必要に応じ遠方であってもご訪問させて頂いています。

お問い合わせフォームへ

page top