BLOG

3dsMAX2012 Quicksilverハードウエアレンダラーサンプル

3dsMAX2012では、これまでのmental rayレンダラーに加え、i ray、Quicksilverハードウエアレンダラーの2つが追加されました。このうち、i rayはいまひとつ使いどころが判らないのですが、Quicksilverレンダラーは、面白いビジュアルスタイル(エフェクト)が用意されていてあれこれ楽しめそうです。そこで、例によって全ビジュアルスタイルを網羅したサンプルCGを造りました。

サンプル用モデルはお寺モデル。下のモデルはmental rayでレンダリングしたもので、Quicksilverとはテクスチャは共同ですが、照明設定は違います。

mental rayレンダリングサンプル
mental rayレンダリングサンプル


リアリスティックとシェーディングの違いがよく解らない。ワイヤーフレームと陰線はQuicksilverでなくてもできますね。面白いのはグラファイトと色鉛筆でしょうか。パステルは彩度の高いテクスチャを貼ってレンダリングすると面白い物が出来そうですね。
・・・しかしなんで”グラファイト”?、”色鉛筆”があるんだから普通に”鉛筆”でいいんじゃないか!?

Quicksilverレンダリングサンプル
Quicksilverレンダリングサンプル

なんでQuicksilver”ハードウエア”レンダラーなのかと思ったら、グラフィックカードのGPUを使ってレンダリングしているのだそうです。だからビューポートからリアルタイムレンダリングで色鉛筆などの効果を見ることも出来るんですね。・・・何のためにビューポートで?という気もしますが。
と、いうことは高価なグラフィックカードを使えばQuicksilverレンダリングは早くなるのだろうか?

Quicksilverレンダラーは間接光はいまいち。全体が暗くなる感じで、メリハリがついてくれない印象。間接光を使わないと影がつぶれてしまうし、このサンプルでしたように補助ライトをおいてやった方が良いかも。
mental ray用マテリアルでも(全部試したわけではありませんが)レンダリングはしてくれますが、自己照明がききません(だから空に影が出来ているんですね)ので、空は専用ライトを置くなどの工夫が必要です。
後は遠方のオブジェクトのアウトライン(扉などのパーツ)が出たり消えたり。アニメーションさせる時にはちらつきの原因になりそう。静止画で使うのが無難かな。

ご相談・お問合せ

ホームページに関すること等はお気軽にお問合せ下さい

東京・大阪を中心に全国のお客様に対応しております。
弊社から遠方にあたるお客様とは、Mail、TELにてやり取りさせて頂いておりますが、必要に応じ遠方であってもご訪問させて頂いています。

お問い合わせフォームへ

page top