BLOG

油断か、疲れか、実力か。ギラヴァンツ北九州戦

去る8/22、我らが徳島ヴォルティスは今年Jに昇格したギラヴァンツ北九州をホームに迎え対戦。壮絶・・・というよりは「何じゃこら」な殴り合いで4-4で引き分けました。
いや、ひどい試合でした。2度2点差にしながら逆転を食らうんですから。なんとか追いついたものの、徳島の粘りというよりも、試合を終わらせられない北九州の脆さに救われた(この試合の前まで、北九州は1勝9分11敗の最下位)感じか強かったですね。試合終了後のブーイングも当然か。

花火100発
残念ながら祝砲とはいかず。思わず買ってしまったボール君Tシャツはどこで着ればいいんだろう。

しかも元徳島のオーシ(大島選手)に「恩返しってレベルじゃねえぞ」なハットトリックを決められたとあっては・・・。うちの選手はJ昇格5年目でまだハットトリック決めたこと無いのに。。。よりにもよってJ昇格初年度の、しかもうちから出た選手に決められるなんて。オーシは個人的に好きな選手ではありますが、それにしたってよ・・・。
いずれのゴールも遠いサイドで絡み合ってのゴールだったので、アナウンスがあるまで誰のゴールか判らなかったんですが、オーシの名前がコールされるたび、1点目(1点差に)→「オーシか・・・ま、しょうがない。ご祝儀ご祝儀」2点目(再び1点差に)→「またオーシ!?ま、他の人に決められるよりは」3点目(同点ゴール)「・・・」
ってなりました。
私はかつて大好きだった選手が切られて(ノリヲ様のことだ)以来、選手個人ではなくチームを応援することにしています。”選手とサポーターの夢(目標)は微妙に違う。選手は契約期間中、サポーターと夢を(勝利という形で)共有してくれるだけ。それで十分”と考えているからです。

それだけに、オーシのゴールアナウンスの時の拍手はどうなんだろうとは思いました。試合終了後ならともかく。しかし1、2点目(リード時)は良いけど3点目(同点ゴール)時は拍手すんな!では、見下してるみたいですからね。うーん。

オーシのゴールはいずれも今年の失点パターン、前節岡山の監督にも指摘されていたクロスからでした。1点目は飛び出した上野が触れなかったのが致命傷になりましたが、2、3点目はフリーでクロスを上げられたのがまずかった。しかもクロスを上げられたのはいずれも(徳島側から見て)左サイド、クロス対策に守備に不安のある輪湖選手ではなく三田選手を先発起用したのではなかったのか。逆サイドからのクロスを警戒していたのか内に絞りすぎてフリーで上げさせる結果になったのかな。
4失点目は最終ラインのパスミスから。悪いところがみんな出た後半だった。

これは守備陣だけではなく全体に言えることだが、逆転されるまで競り合いが軽すぎ。テクニックは上のはずなのに競り合いで体を投げ出す北九州選手に競り負けるシーンが多かった。クロスはもちろん、パスも簡単に通させすぎた。体を投げ出して止めにいけたなら、3-1で終わらせられたはず。
良い形で追加点をあげられた油断。猛暑と戦術による後半の失速。原因はいろいろ挙げられるでしょうが、1度だけならそんなこともあるさと(あるいは手痛い教訓として)思えるのでしょうが、2度3度と続けば、それは実力と認知されるでしょう。今期の徳島の実力はこんなモノなのか。私はそうは思わない(思いたくない)。シュートやクロスに身を投げ出すこと、簡単にパスを出させないこと。守備を立て直して徳島の実力を示してほしい。

悪い点ばかり挙げてきましたが、ゴールは皆よかった。PK(島田選手があっさりと決めてました、前期の岡山戦ではPK失敗で逆転負け食らいましたからね。決めて当然と言われるPKですが、それだけに外すとキツイ。徳島No.1キッカーが固定して蹴ることになったのは良いこと)はもちろん、後の3点もいずれもすばらしいゴールでした。

最後に、オーシ、ハットトリックおめでとう。うち以外のチームとの対戦でももっと活躍してね。

オーシ
試合終了後ゴール裏サポーターから花束を受け取るオーシ

ご相談・お問合せ

ホームページに関すること等はお気軽にお問合せ下さい

東京・大阪を中心に全国のお客様に対応しております。
弊社から遠方にあたるお客様とは、Mail、TELにてやり取りさせて頂いておりますが、必要に応じ遠方であってもご訪問させて頂いています。

お問い合わせフォームへ

page top