BLOG

徳島ヴォルティス2010前半総括とサカダイ特集

我らが徳島ヴォルティスは去る7/25(日)、アゥエイ西が丘で東京ベルディと対戦。80分にセットプレーから先制を許すも、直後に六車選手のゴールで同点に追いつき、何とかドロー。残り10分から先制されて追いついたのは評価できますが、サカダイの評価では相手GKがMOMに選ばれてたくらいですから、ヴォルティスにもチャンスが多かったと思われます。悔しい引き分けと呼んでいい結果なのでは。
注目のドゥグラス選手が先発、サポの評価は分かれているようですが、「動きはまずまず、連携はまだまだ」という評価が多く、総合的には「もう少し見てみんと」といったところでしょうか。

この一戦でJ2リーグは前半戦を終了。徳島は8勝3分7敗の勝ち点27、7位という成績。順位自体はまだいいんですが、開幕4連勝しながら8勝。負けが7つは多すぎますし、得失点差が-1なのはね。もう。。。返す返すも柏戦での大敗が・・・。
上位2チームが抜けているために3位との勝ち点差は5ですが、勝ち点=試合数×2で昇格争いという星勘定からは大きく離され、振り返ればPK失敗が痛かったな~。そういや3年目はPK失敗で得られなかった勝ち点2が最後まで響いて、勝ち点1差で最下位になったんだよな。

次節第2クール初戦はホームで何と第1クール無敗(!!!)の柏レイソル戦。まともに殴り合いに行ってフルボッコにされた前回対戦から、今回は守りを固めて接戦に持ち込むのが良いかとは思われますが、アンカーができる青山選手は疲労骨折でリハビリ中。。。ああ、こええぇっ。何でJ2に落ちてくんだよ柏はよお。

さて、今日発売のサカダイこと、サッカーダイジェストに、クラブダイジェストコーナーが徳島ヴォルティスでした。ただでさえ情報の少ないJ2、さらに普段地元メディアに触れることの少ない県外在住サポにとってこういう特集はうれしいです。日本代表の記事と並んで我らが渦戦士たちのインタビューがのっているからなおさら。
内容はキャプテン・三木選手のインタビューと、「美濃部直彦監督が語る阿波の大改革、3年目の真実」に、「中田仁司強化育成部長が語る中期強化計画の全貌」と、堅い(熱い)記事がある中、私のお薦めは「選手会長の登尾顕徳がチームメイトの素顔を暴く」記事w。
全選手の人柄等を短い文章で紹介しているコーナーですが、体育会系だけあって先輩はそれなりに、後輩はいじり倒しな内容で、濱田選手の「キング・オブ・マイペース」を証明するエピソードを聞いてみたい。おっさ橋内選手が登尾選手のことを「お兄ちゃん」と呼ぶところはもっと見てみたいw。
本当に楽しい記事でした。

また、こういう記事を読んでみたい。J1上がったら、頻繁にこういう情報を目にできるようになるのかなぁ。

ご相談・お問合せ

ホームページに関すること等はお気軽にお問合せ下さい

東京・大阪を中心に全国のお客様に対応しております。
弊社から遠方にあたるお客様とは、Mail、TELにてやり取りさせて頂いておりますが、必要に応じ遠方であってもご訪問させて頂いています。

お問い合わせフォームへ

page top