BLOG

最新ブラウザ利用調査

昨日、CNET Japanで、最新ブラウザ利用調査に関する記事が書かれていた。
その記事によると、MicrosoftのInternet Explorer(IE)の市場シェアは、7カ月連続で落ち込んでいるとのことです。

元記事 → Firefox、Safari、Chromeのシェアが上昇–最新ブラウザ利用調査

アメリカのweb調査会社が発表した調査結果による各ブラウザのシェアは、

Internet Explorer 67.55%
Firefox 21.53%
Safari 8.29%
Google Chrome 1.12%

となっています。
個別に、Internet Explorerと比べると、まだまだですが、Internet Explorer対他のブラウザでは、

Internet Explorer vs Firefox、Safari、Google Chrome = 67.55% vs 30.94

となっています。以前に比べると徐々に近づきつつあるのが数字でわかります。

まだまだ、Internet Explorerが、圧倒的なシェアであるかのように思いますが、Firefox、Safari、Google Chromeなどの他のブラウザが急速にシェアを伸ばしていることから、この先どのようになるのかと思います。

これらのことから考えるとホームページを作る場合、Internet Explorerでの表示確認だけでは、ホームページが担う本来の意味・目的が果たせないと思います。

今現在でも、Firefoxなどでホームページを見ていると、崩れて表示されるサイトって結構あります。『えっ!この会社のホームページが。』と思う有名企業のホームページでも崩れている場合があります。

ブラウザの違いや環境の違いがあっても、きちんと表示されるホームページって大事だと思います。
弊社では、きちんと表示するホームページ作ってます!
宜しければご利用下さい!

サイト内関連ページ

ご相談・お問合せ

ホームページに関すること等はお気軽にお問合せ下さい

東京・大阪を中心に全国のお客様に対応しております。
弊社から遠方にあたるお客様とは、Mail、TELにてやり取りさせて頂いておりますが、必要に応じ遠方であってもご訪問させて頂いています。

お問い合わせフォームへ

page top